住宅ローンで成功するには

新築の注文住宅を住宅ローンを組んで購入される方は多いです。そんな住宅ローンは、組み方一つで成功するか失敗するか分かれてきます。
住宅ローンで最も重要なポイントとなるのは金利です。金利の選び方で返済する利息が大きく変わってくるのです。金利には、大まかに変動タイプと固定タイプが存在します。変動タイプは、金利が変化していくため返済金額は一定ではありません。固定タイプの金利と比べると利率が非常に低い魅力があるものの金利が上昇した際には、利息も連動して多くなってしまうリスクがあります。金利が変化せず一定の場合には、変動金利を選ぶ事で総返済金額を減らす事が出来ます。
次に固定タイプの金利は、利率を固定する事が出来ます。固定タイプには、全期間固定と固定期間を選ぶ事が出来るタイプがあります。全期間固定金利では、返済金額が一定に出来る為、返済計画も立てやすいです。金利が上昇していく場合には、全期間固定タイプを選択すると総返済金額を抑える事が出来ます。
固定期間選択タイプは、全期間固定よりも金利を固定する期間が短い特徴があります。何かと費用が必要な住宅ローン開始当初の金利を低くする事が出来るメリットがあります。 金利固定の期間が終わると固定タイプか変動タイプを再度、選択出来るのです。固定期間が終わった際に金利が上昇していない場合には、変動金利を選択するなど景気動向を確認して金利を選び直す事が出来ます。
以上、3つの金利タイプには特徴がある為、景気や経済動向を考慮して住宅ローン金利を選ぶ事で、利息を減らし住宅ローンで成功出来ます。
住宅ローンでは、金利以外にも繰り上げ返済が重要になります。繰り上げ返済をする事で、利息を減らす事が可能です。繰り上げ返済をしていき返済期間が縮まる事により、総返済額を抑えられるメリットがあるのです。借り入れから10年間は、住宅ローン控除がある為、住宅ローン控除が終わる11年目以降から繰り上げ返済を続けていくと非常に効果が高くなります。また、住宅ローン控除ですが10年間年末時点での借り入れ残高の1パーセントが還付されます。借り入れ後の10年間は、住宅ローン控除をしっかりと行い還付を受ける事で、住宅ローンの負担を軽減する事が出来るのです。
以上、住宅ローンには金利、ローン控除、繰り上げ返済といった重要なポイントがあります。これらを上手く選択したり、活用する事で住宅ローンで成功する事が出来ます。

住宅リフォーム総合情報オーディオショッピングカートJALカード貯蓄童話女性の人生GetMoney英語上達の秘訣健康マニアによる無病ライフ工務店向け集客ノウハウアフィリエイト相互リンクマッサージのリアル口コミ.com生命保険の選び方クレジットカードの即日発行じゃけん