全館空調におけるカビ対策として真っ先に挙げられるのはフィルターです。
定期的に掃除する事も対策になるものの、その掃除を怠れば吹き出し口にカビは発生します。もちろんダクト内も同様だと想像できますが、ダクト内に手を加えるとなると業者に依頼しなくてはならないです。
それとは別としてセルフケアでする場合は初めに吹き出し口を洗って綺麗な状態にし、ダブルフィルターを用いて元の状態にします。これだけでも空気中への拡散を防げますが、さらにスプレーを用いれば有効です。ダクト内のカビは暖房に設定し、温度を上げて乾燥状態を半日ほど続ければましになります。室内に関しては窓付近に家具を置いて湿った空気がこもらないようにしたり、空気の流れを妨げたりしなければ十分です。とはいえ風呂場や洗面所など水場ゆえに湿気がこもる場所では、扇風機やサーキュレーターなど空気の流れを強制的につくって湿気を拡散させてカビの発生を防ぐ方法が勧められます。