2016年 10月 の投稿一覧

新築の土地探しについて

新築で注文住宅を建てる際の土地探しのポイントの一つは、「自分の目で確認する」ということです。
現在はインターネットが発達しているので、その気になれば全国の土地の情報を得ることができます。
しかし、インターネットから得られる情報というのは、最低限度の物でしかありません。
「その地域はもともと沼地だったので、地盤沈下のおそれがある」「その土地には、いわくつきの建物があった」などの情報は、地元の人に訊かないと知りえない物です。
ですから、最終的には自分の目で確認するという作業が不可欠です。
また、金額も重要です。
極端に高値を付けているというケースは滅多にありませんが、「妙に安い」というケースはままあります。
それには、必ず何らかの理由があります。
上述したことともリンクしますが、「地盤を補強する必要がある」「水害が起きやすい地域である」などが考えられます。
こういったことを知っておかないと、衝動買いしてしまうおそれがあります。

耐震住宅について

注文住宅の中には、鉄筋コンクリート建築で一戸建てを新築できるタイプもあります。
木造建築の一戸建てでも耐震住宅は建築できますが、鉄筋コンクリート建築の耐震住宅ならば、地震だけでなく竜巻にも耐えられる構造体で建築できます。
台風が通過しやすい地域だけでなく、気象条件によっては竜巻が発生しやすい地域の一戸建てに最適です。竜巻は水平方向からの圧力が加わりますので、地震の縦揺れとは異なる圧力です。水平方向の圧力は、建物を歪ませる力なので、鉄筋コンクリート建築の一戸建ては基本的に建物そのものが歪まないので強さを発揮できます。
注文住宅の鉄筋コンクリート建築は、内装を木造建築と同じにできますので、ヒノキやヒバなどの国産の天然無垢材で、木の香りを楽しめる住まいに仕上がります。
建物の構造だけでなく、外壁も強い構造なので、理想的な耐震住宅として機能します。三重県伊賀市の工務店で平屋住宅建築も、二階建ても可能なので、竜巻被害が心配な地域で心強い住まいになります。

本当に賢い住宅ローン返済方法は?

住宅ローンの返済計画をたてる場合には、手取り収入に対する返済額の割合をしっかりと計算しましょう。一般的に言われている余裕のある割合は手取り額の2割程度とされており、3割を超えると生活を圧迫する可能性が高くなります。
少しでも月々の返済額を増やし、返済期間を短くして利息分の支払いを抑えたいところではありますが、生活が節約一辺倒となってしまうと、気持ちの面での余裕が感じられずに、せっかくのマイホームライフが十分に楽しめません。しかし、逆に返済額を少なめにして期間を長くする場合には総支払額における利息分の比率が大きくなります。
そのために、住宅ローン減税を活用して当初の10年間は返済額をおさえて減税の恩恵を得ながら資金を貯め、減税期限の切れた11年目に一括返済を行うことをおすすめします。
銀行の住宅ローン担当者に相談するなど、積極的に資金計画について情報をあつめ、お得に賢く住宅ローンを返済しましょう。

思っていた以上に快適で住みやすい家を手にいれることができました

前の家は、地震の事を考えてツーバイフォー住宅に建て替えましたが、地震の際には家全体からガシっと凄い音がする事があり驚く事もしばしばあります。又、2階でボールペンを床に落とすと2階の床と1階の天井の間で直下音が乱反射し1階にとても響き、子供が幼い頃には2階で毎日運動会が開催されていると思えるほど煩く長年悩まされた事があります。又、家中の結露にも手を焼き、洗面所とユニットバスの境界に至っては床ネタが腐敗しシロアリの被害を受けている所を発見して悲鳴をあげた事があります。新居は、息子夫婦と同居する事になり注文住宅のヘーベルハウスで建て替えましたが、思っていた以上に快適で住みやすい家を手に入れる事が出来たと満足しています。新居は、2階部分に吸音下地材をオプションで入れたせいもあり、全くと言って良いほど階上の生活音が遮断され、世帯間のプライバシーが守られ快適な生活を過ごしています。又、透明のペアガラスと単板ガラスの二重サッシにしてあるので全く結露が無い上に、屋外の騒音も遮断されているのでとても静かで快適です。p

住宅ローン借入可能額を増やす生命保険見直し法

新築のマイホームを購入するときは、住宅ローンを組むのが一般的です。
住宅ローンからどれぐらい借りられるのか計算しながら、手元の資金と合わせて予算を決めていくことになります。
しかし、住宅ローンで借りられる金額が少なくなると、購入する新築のマイホームで妥協する点が増えていきます。
そのため、理想のマイホームからはかけ離れてしまい、せっかく購入したのに不満ばかり残るのです。
マイホームに不満を残さないためには、住宅ローンの借入額を増やさなければいけません。
借入可能額を増やす方法として有効なのが、生命保険の見直しです。
生命保険を見直し毎月の固定費を削減すれば、住宅ローンの返済に回せるお金を増やすことができます。
その結果、マイホームの購入資金を300万円以上増やすことも可能です。
予算が300万円も増えれば、妥協する点も少なくなるでしょう。
新築住宅の購入で後悔しないために、まずは生命保険を見直してみましょう。

新築と中古住宅と環境

新しいところに住むときには、周辺の環境に慣れることが必要になります。新築や中古住宅で悩むという人がいますが、この場相周辺環境をしっかりと確認する必要があります。住み心地を左右すると言っても過言ではないのが、近隣住民とのコミュニケーションがあります。新築マンションや新しい分譲地があるというような場合には、近所の人も一緒に生活をスタートさせると言うことになるので、コミュニケーションは比較的取りやすいと考えることができます。ファミリー用の物件というものがありますが、この場合年齢が近い子供がいる可能性が高いので、子供を含めたおつきあいをすることが可能です。中古住宅の場合は、すでにできているコミュニケーションの中に入っていくという形となります。したがって物件を見学するときに、周囲にどのような人が住んでいるのかをしっかりと確認しておくようにします。引っ越しをする前から環境がわかっていると言うことで安心感を得ることができます。

優れた建築家と建てる家の利点

卓越したテクニックとノウハウを持った建築家と建てる家は、多くのニーズを反映させることが出来る点でとても優れています。事前の打ち合わせの際に、家族と自身の求める住環境のイメージを伝えておくことで、丁寧なプランニングをしてくれるのです。これまでに培ってきた高度なスキームを駆使して、一つ一つの検討要素に対して、真摯に向き合ってくれるかどうかが建築家の選定に当たって重要な要素となります。様々な情報媒体で高い評価を得ている建築家をピックアップして、実際に話し合っていく中でメリット・デメリットの比較することが求められます。中・長期的なスパンで高い満足度が維持出来るように、打ち合わせを複数回重ねておくことも肝心です。これまでに手掛けてきた家作りの実績を踏まえて、建築家と建てる家のメリットを生かした計画を具現化していく姿勢が大切なのです。こうした点を念頭に置き、抜け目の無いアプローチに繋げていかなければなりません。

新築の住宅を建てる際の資金計画

これから三重県で新築の住まいを購入検討される方も見えますが、これには例えば一戸建てや分譲マンションが有りまして、何れの場合にも住まいの購入価格は非常に高い値段となりますので、資金計画をきちんと立てる事が大切となります。これは例えばですが、頭金を貯める為に毎月の給与などから天引きを行うなどして貯金を行ったり、或は財形貯蓄を行って有利に融資を行ってもらえる様にする取組みが有ります。また最近はインターネットに住まい購入検討する際の資金計画をシミュレーションできるサイトも有りますので、これを利用しますとどれ位のお金を借りて返済して行く事が可能であるかを確認出来ます。

また住宅を購入する際には、一定割合を住宅ローンの利用によってお金を借りて対応する事が多いのですが、これらの借入額とローンの金利設定、そして返済期間などを決めて返済シミュレーションを行う事で毎月やボーナス月の具体的な返済イメージを付ける事が可能です。

新築で建てるデザイン住宅のアイディア

新築でデザイン住宅を建てる場合、設計を依頼する業者の選び方も重要な点です。住宅の外観から間取りなどデザインを考えてもらう業者との相性もあるため、複数の業者に相談することが好ましいです。
打ち合わせの際には写真など資料を持ち込むと便利ですが、相手にわかりやすく説明できます。イメージした通りの住宅を設計してもらえる可能性も高くなってきます。アイディアが浮かばないなら、住宅展示会などイベントに参加することも役立ってくれます。流行しているデザインなど情報収集することで選択肢も広がります。
既に三重県に新築注文住宅の土地を持っている時はその周辺の景色とのバランスも考慮することが大事です。住宅のデザイン性は重視していなかったりと特にこだわりがなければ、最初から最後までプロに任せてしまうことも悪くないです。
担当者によってはいくつかのサンプルから気に入ったデザインを選ばせてくれることもあります。腕のいい業者だとクオリテイは高いデザイン住宅を設計してくれます。

デザイン住宅に求められる高度な性能とは

近年では高度なデザイン性を追求した新築が増加しています。実際に新しい家を購入する場合には、そこにユーザーたちの色々な要望が加わることになります。その中に含まれているのがデザイン性の高い住宅です。大人たちは高度なデザイン性を持った住まいを探すことで、そこで理想の生活を実現させようとしています。今のデザイン住宅はプロの仕事によって完成度が高くなっています。優れたデザイナーたちは新築の設計にも関わっているため、そこから理想の住まいを探し出すことができます。また現代ではプロと相談を重ねて家を作ることも可能です。そういった要素を含めて最新のデザイン住宅は人気があります。人気のデザイン住宅はよりモダンなイメージを持っています。そこにはスタイリッシュでカラフルな空間が存在しています。現代人はこういったデザインを好む傾向があるため、デザイナーたちも様々な工夫を凝らしています。このように最新の新築を選ぶ際には、デザインとイメージにも注目することが必須です。