2016年 10月 の投稿一覧

新築の住宅を二世帯住宅にする際に考えておくこと

家を新築にする際、二世帯住宅が選択肢のひとつになる場合があります。親との同居では、生活スタイルなどで同じ空間にいることで大きなストレスとなってしまうことも考えられます。二世帯住宅では、そのようなストレスが全くないとイメージしがちですが、実際はいくつかの注意点があります。二世帯住宅といっても、間取りの取り方は色々あります。1階と2階で居住スペースを完全に分ける方法や、玄関やキッチンなどは共有する方法などあります。間取りの取り方では、生活音が気にならないようにすることが必要です。キッチンや浴室などは1階と2階で同じ場所にするなどの配慮が必要です。その他に、日当たりについても注意が必要です。気をつける点は多いですが、それぞれの生活スタイルなどをよく考え、間取りを決めることが大切です。音に関しては、遮音効果の高い建築資材を使用するなどの工夫もできます。どのような二世帯住宅にするかを良く話し合うことで、トラブルになることを防ぐことができます。

外壁リフォームでいつも綺麗な状態にできます

新築で住宅を建てて数年経過すると、外壁など傷みや汚れなどが出てきますが最近では外壁リフォームなどを行いいつも綺麗な状態で生活を送る事ができるので便利です。また多くの専門業者が存在しているので、価格や技術面などで比較をして一番効率のいい場所を選んで利用する事ができます。そしてインターネットで、外壁リフォームについて多くの情報を手に入れる事ができ、ホームページなどで詳しく紹介をしているので理解がしやすく比較も簡単に行う事ができます。また見積もり請求や気になる質問などがあればメールや電話で気軽に相談できるので便利で、忙しい人でも効率よく比較などを行う事ができます。そしてインターネットのクチコミサイト等には、実際に外壁リフォームを行った事がある人の体験談や役に立つ情報などが多く書き込まれているので比較やイメージ作りの参考になり、初めて外壁リフォームを行う人でも安心をして利用し綺麗な外壁にする事ができます。

水廻りの部分で気になる場所が出てきたら

新しく新築の家を建てたとしても、ある程度の年月が経ってしまうと劣化してくる部分は出てきます。特に浴室や洗面所、トイレやキッチンなどの水を多く使用する水廻りは、腐食したりカビが発生したり、汚れが目立ちやすい部分のです。そのため、家を建ててから10年をめどに点検して壊れている部分がないか、配管などにはひび割れをしている部分がないか確認をしておく事は大切です。目に見えている部分は大丈夫でも床下などの見えない部分で壊れている部分があると、腐食が進み大掛かりな工事が必要になることもあるので注意が必要です。浴室や洗面所、トイレやキッチンなどの木になる部分があるが家自体には問題がないときに取り入れるのが水廻りリフォームです。水廻りの部分だけ工事を行ったり取り替えを行っていきます。部品やパーツの取り替えだけだと金額を安く抑えることは可能です。大きく変えたりデザインにこだわると金額は高くなりますが、水廻りリフォームをするだけで印象は大きく変わり良くなっていきます。

新築住宅とリフォーム

新築住宅はすべての設備が新しいと言うことで非常に快適な生活をすることができます。しかし購入の際にはその分たくさんの費用が必要となります。その中で住宅購入の際に中古物件を選択するという人がいます。それはなぜなのかというと、安い価格で購入をしてリフォームをするという方法があるからです。この場合新築住宅を購入するよりも安い費用で、理想の住環境を手に入れることができるというメリットがあります。このほかのメリットとしては、自分に必要な設備を選ぶことができるようになっています。新築物件の場合最新の機器が導入されているというのがほとんどですが、そのなかにはそれほど充実した設備は不要と感じている人もいます。中古を購入してリフォームをする際には、自分に必要なものだけを選択することもできるのです。最新の機器でなくても自分にとって最適の機能を選ぶことができるというメリットがあります。また世界に一つだけの住環境を作り出すことができます。

住宅ローンはよく考えて決めることが大切です

普通の人は住宅をローンなしで買うことは難しいので、賢い住宅ローンの組み方を学んでおいた方が良いでしょう。その時の金利情勢を良く踏まえて、固定金利が良いか変動金利が良いか選ばないと、トータルでは大きな差ができる場合があります。またフラットタイプの住宅ローンは、世の中の経済情勢に左右されないので、一見安定しているように見えますが、金利は必ずしも安いわけではないので、返済計画については様々な銀行でシミュレーションしてみた方が良いです。また、最近は最初の3年~5年くらいまで固定金利で、その後に変動金利に切り替わるタイプの住宅ローンも人気があります。3年後や5年後の変動金利に切り替わる際に、その時の金利情勢を見直して、別な銀行でローンを組み直すのも賢い方法です。少しでも返済額を少なくしたい人は、多少面倒でもこのような努力をした方が良いでしょう。ただ、住宅ローンの審査は銀行によってはかなり厳しい場合があるので、借金や滞納などが無いようにしておくことが大切です。

変動金利はなかなか下がらないので交渉しました

我が家は三重県で新築住宅を建てたときの住宅ローンを組んで数年たちますが、初めから変動金利で組んでいます。2.475%の金利でしたが各家や収入の額など様々な要因でそこから優遇金利というものが貰えるのですが、マイナス1.5%で0.975%の金利になりました。

当時も、1%を切っているという事で物凄く安く感じましたが、安定感のある固定金利も魅力的でしたが当時は30年固定は確か2%を超えていました。そこで、家族で話し合いまたファイナンシャルプランナーさんにも相談した結果金利の推移を見ていき、固定が2%を下回ったら固定に切り替える、もしくは固定が急に上昇し始めたら固定に切り替えると決めました。

それから数年経過して当初の自分たちの残年数に見合った固定金利がとっくに2%を切ったのですが、まだ我が家は変動のままなのです。それどころか、銀行に交渉して変動金利を下げてもらう事に成功しました。書類の変更などはとても大変で面倒でしたが、優遇金利がマイナス1.6%になり0.875%になりました。今後、この優遇金利は、同一銀行であれば固定にも適用されるのでネット内で変動から固定に無料で切り替えられるこの銀行は大変便利だなと痛感しています。

注文住宅はやっぱり評判が良い

やっぱり注文住宅でマイホームを建てた人は、マイホームを建ててもらった建設会社ないしハウスメーカーのことを良く言いますよね。いや、全員が全員ではないかも知れませんので、「良い評判を言う」というところに留めておきましょう。

しかし、やっぱり注文住宅の方が、なにかと不満がない傾向はありますよね。注文住宅はご存知、施主の希望を反映した設計図を作り、そしてその設計図をもとに建物を建てていくわけです。

ですからもちろん、注文住宅は不満が出辛いというものでしょう。だって住む人の希望に沿って家を建てていくのですから。ですから評判だって良くなっていくというものです。

そしてまた、建てる方である建設会社にしましても、とくに注文住宅の場合は、自分たちの仕事の出来具合がストレートに「評判」として返ってきますからね。ですから仕事もきっちり丁寧になるというものでしょう。

そのこともあって、注文住宅の場合はやはりハウスメーカーの既存の住宅よりも良い評判を得る傾向にあるのでしょう。

いい家の条件「素材」

丈夫で長持ちをする家を建てたいと希望する人は多いでしょう。家を購入するのは高いお金を払う行為であるため、一生に一度、多くても二度ほどです。そのため、一度でその希望に合った家を建てる必要もあります。そこで、そのように希望する人におすすめなのが、素材にこだわってた家選びをすることです。
この点で、三重県で新築の注文住宅を購入することには分があります。そのわけは、自分で住宅の設計に関与することができるからです。建売やマンションは、すでに出来上がった物が購入対象です。そのため、選ぶ際に丈夫で長持ちをするかという視点で選択をすることはできますが、自分の要望を反映することができません。これは、丈夫で長持ちをする家を購入したいという要望を満たすのに不利です。
ただし、注文住宅であっても、すべての要望に応えてもらえるわけではありません。例えば、家の構造に適しない部材を使うことは、建築基準に満たなくなってしまうためできません。またそうではなくとも、予算の都合上、設計に限界が生じることもあります。
そこで、丈夫で長持ちをする家を建てたいというのであれば、その要望を業者に伝えたうえで、できる限り予算に合う形で検討してもらうのが良いでしょう。いい家の条件は、素材がしっかりしていることです。しかし、優れた素材は値段も高くなってしまいます。つまり、要望をすべてかなえてもらう物件を建てるには大きなお金が必要になってきます。そのため、予算も事前に伝えておく必要があります。
最近の建築資材は、安価でも丈夫で長持ちする良い物があります。もちろん、最高品質の資材には勝つことはできません。しかし、それを家づくりに上手に取り込むことで、予算内に合ういい家を建てることは十分可能です。したがって、予算内に収めたい場合には、どこを特にこだわりたいのか、妥協してもよいところはどこかなど、自分の目的をしっかりと不動産会社に伝えておく必要があります。

注文住宅と耐震

人災は気を付けていればある程度は防ぐことが出来るものですが、天災となるとそうはいきません。
天災はいつどこで起きるかわからないものですので、防ぐことはできないからです。
天災の中でも身近でとても怖いものとしては、地震があります。
少しくらいの揺れであれば、机の下などに隠れて身を守ることもできますが、それでは間に合わないくらいの大きな地震の場合は、建物自体も危険な状態になってしまうのです。
地震が起きたときには、大きな被害が生まれることがありますが、その中でも建物の倒壊によって命が危険にさらされてしまうという場合もありますので、自分が暮らしていく家というのは耐震性に優れているものでなければなりません。
それほど大きな地震というのは自分の住んでいる地域には起こりそうにないから、耐震性など気にしなくても大丈夫と考えてはいけません。
地震はいつどこで起きてもおかしくないものですので、常に危機感を持っておかなくてはならないからです。
三重県で注文住宅を建てるのであれば、耐震性に優れた家を建てるようにしておきましょう。
耐震性に優れていれば、大きな地震があった時でも東海の危険性は少なくなりますし、損壊も最小限で抑えることが出来るからです。
建物が倒壊すれば建て替える必要が出てきますし、家の中にあるものなども壊れてしまう可能性があります。
倒壊をしなかったとしても損壊をしたとなると、そのまま安全に住み続けることはできませんので、補修が必要になってしまいます。
建て替えや大規模の補修をするとなると、工事期間中にそこに住み続けることはできませんので、どこか他の土地で暮らさなくてはなりません。
そうなると、不便な生活を強いられることになりますので、お金の面などから考えても、耐震性が優れた家を購入するようにしておいた方が、いざ災害に合ったときに被害が少なくてすむのです。
災害はいつどこで起きるかわからないというのを念頭に置いて家づくりをしていきましょう。

注文住宅と断熱

三重県で注文住宅を建てるさいに注目したいのが断熱効果です。三重県は盆地も多いので湿気がこもりやすく暑いところが多いからです。断熱は家の換気方法によって変わってきます。まず快適な換気ができている家にする必要があるので、空気の流れを詳細に説明してくれるところを選ぶようにしましょう。全館空調ですという説明だけで納得してしまう人もいますが、どのように空気の流れを作っているのかきちんと説明を受けてください。なかには特許を取得し、生活の臭いやペットの臭い、給排気の音などが気にならない換気方法を取り入れているところもあります。そうした付加価値の高い断熱構造だとより快適に過ごすことができます。住んでからのメンテナンスが簡単なことも大切です。掃除や点検が全くの素人にも行いやすいと、長く使用することができます。断熱方法はひとつではありません。熱だまりが取れたりホルムアルデヒドが除去できるけれども、湿気に関しては取れにくい方法、ダクトが不要で単純換気なのでコストがかからないけれども、冷暖房費が余計にかかり外気の汚染は取り除けない方法、すぐれた換気能力を発揮し、湿気も外気の汚れも取り除いてくれるがメンテナンスが大変でありダクトスペースの確保が必要などそれぞれメリットとデメリットが存在します。負担が自分にとって最小限になるような断熱方法を取り入れているところにすることで、メリットを最大限に享受できます。ただ単に断熱という言葉だけで選ぶのではなく、どのような断熱方法を採用しているのか、メリットとデメリットをしっかりと聞いておきましょう。外断熱にするのであれば、シロアリ対策がされているかどうかも注目すべきポイントです。物理的にシロアリが入ってこられないようにすることで、消毒剤などでシロアリ対策をしなくても済むようになります。また、断熱効果と同時に蓄熱効果が冬に得られるような構造だと一年を通して快適に過ごせるようになります。